FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

TOKYO TRIBE

t1.jpg

■原作 井上三太
■監督 園子温
■キャスト 鈴木亮平 佐藤隆太 染谷将太 竹内 力 他
DVD鑑賞

新感覚ラップミュージカル映画として、公開当時は結構人気だったらしく、プロのラッパーの方々をふんだんに登場させ、興行収入も悪くなかったようですが・・・。

面白くなかったw
ラップうざいww
てか作品としてはサイテーwww

昔々、全編五七調で小説書こうかと目論んだことがありまして、私としては「新しい試みだ!」とか思っていたのをちょっと思い出しましたね(´∀`*;)ゞ

多分、書く方は凄いものを提供してるつもりでも、そんな小説なんて読者にとっては苦痛でしかなかったでしょう。
まぁ、私自身が飽き性だったので序章すら完成しませんでしたけどね(笑)

ただ、この作品はラップミュージカルを掲げてるだけあって、冒頭から日本語のラップがこれでもかというくらい続きます。
それはそれで(そのラップの作詞家さんも含めて)凄いと素直に思えました。
ラップがメチャクチャ好きな人には確かにタマラン映画なのかも知れませんけどねw

ラップにほとんど興味のない私からすれば苦痛だし、話は面白くないし、学芸会みたいなノリだし、すぐ下ネタ出てくるしで、やっぱりいいとこ無しな・・・ああ、そういえば主演のメラ役の鈴木亮平と、アクションヒロインの女の子は頑張ってて良かったです(^∇^)

最近、邦画で当たりがないなぁー。

あ、歌舞伎町のロボットレストランがチラっと出てたね。行きたいなぁ~と思ってたとこ(^^♪

(´∀`σ)σぽちっと↓↓
関連記事
スポンサーサイト

 *映画/邦画*

 映画鑑賞 映画感想 DVD ラップ 鈴木亮平

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。