FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

「なぞの陵」の謎


Googlemapを見ていたら、不思議な遺跡を発見(゚д゚)
地図上に標示されていたのは「なぞの陵」

確かに「陵(みささぎ)」というのは基本的に、宮内庁の定めた天皇或いはそれに準ずる高貴な方々のお墓で、公の学術調査が出来ないことから、そもそも「謎」も多いとは思うんだけど、「なぞの陵」というネーミングを見るのは初めてw

奈良県でも大阪府でも、たいていは宮内庁サイトで「○○天皇のお墓」というのが定められていて、(その正誤はわからないまでも)地図上では仁徳天皇陵なり武烈天皇陵なりという標示が成されている。

それはそれで平成に入っても何の学術調査も行われないという問題はあるのだけど、一応、陵には相応の「名前」が付けられているのが普通だと私は思っていたのね。

あるいは一時期話題になったGooglemapの地名や設備名称書き換えが、こんな奈良県の片田舎にも及んだのかもと考えたのだけど、マークは遺跡のものだし、地名改竄ならもっと面白い名前を付けるだろうから、それも説得力ないよね。。。

で、ネットで「なぞの陵」をググってみても、なーんも出て来ないw
てことは、地元のディープな情報発信にも成りうる可能性もあるかも!と、かなり期待して、Googlemapの「なぞの陵」まで行ってみた。



場所は奈良県大和高田市池田。
すぐ脇に線路がある住宅地の中にそれはあった。

na1.jpg


「・・・え?ただの空き地やん?」って思ったんだけど、柵にはちゃんと宮内庁と書いた看板も掛かってる。

でも・・・普通の土地よりはいくらか土が盛られているとはいえ、やっぱりただの空き地にしか見えない(笑)
想像してたのや期待してたのと全然違うショボさ・・・ぃゃ景観に、かなりガッカリ。

まぁ、だから「なぞの陵」なのかも知れないけどねヽ(´∀`)ノ
場所的には、池田遺跡の一部として、巣山・築山古墳群にも含まれるのかなぁとは思うのですが、残念ながら詳細不明です。


(´∀`σ)σぽちっと。
関連記事
スポンサーサイト

 *エンシェント*

 お出かけ 奈良 関西 歴史

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。