FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

エリザベス・ゴールデン・エイジ(2007)

e1.jpg

■2007年  英 仏 独
■監督:シェカール・カプール
■キャスト:ケイト・ブランシェット/ジェフリー・ラッシュ/クライヴ・オーウェン
       サマンサ・モートン/リス・アイファンズ/ジョルディ・モリャ/アビー・コーニッシュ 他

この作品を観る前はかなり期待していたのですが、最初に言わせてもらうなら、不発だったんですよね。
「強い女王」「強い女」を期待していたせいか、描かれていた「エリザベス」像が期待通りではなく、あまりにも「女性的」だったからかも知れません。また、エリザベス治世中頃のトピックスをただ羅列しただけのような構成にも不満が残りました。
(正史三国志より三国志演義の方が面白いのと同様に)リアリティーの追求だけでは、物語としては面白くないのかも知れない、と感じた作品でしたね。

その意味で教科書的というか、伝記的なエリザベスになっちゃったんじゃないかな。

後で知ったのですがこの作品は「エリザベス(98)」の続編らしいですね。前作を先に観たら良かったと少し後悔しています。

ただ、エリザベス役のケイト・ブランシェットは私的には高評価で、エリザベスの心中の葛藤なんかも良く演じていたとは思います。
というかハマり役でしたね。作品自体の評価は高くないのですが、与えられた役は大抵なんでもこなしてしまうケイト・ブランシェットのおかげで、色々カバーされていると思います。

あとは、衣装が綺麗だったとか、そんな月並みなことしか言うことがないくらい、面白く無かった。

まぁ、エリザベス女王の半生を二時間で描くのは流石につらいとは思うのですが、それならそれで「物語的に」せめてスペイン艦隊を壊滅させたクライマックスくらいちゃんと描ききって貰いたかったですね。

e2.jpg

さて、そんな批判ばかりの作品「エリザベス/ゴールデンエイジ」ですが、ネタバレ外周で書くなら、ストーリー的には「スペイン艦隊に壊滅的打撃を与え、世界情勢の大きな変革をもたらしたこと」と「エリザベスの孤独な人生(特に女性として)」が2つの大きな柱になっています。

元々エリザベスがメアリー女王(映画にも登場していました)を差し置いて、イギリス王室を継いだ経緯に、スペインのフェリペ王が関与していたらしいので、スペインとの決戦というのは、彼女にとっても不可避だったのかも知れません。

冒頭から、スペインの影がチラつく伏線はあったので、肝心の無敵艦隊との対決シーンがイマイチだったことが本当に残念でした。まぁ、女王自らが剣や大砲でドンパチやり始めたら、それはそれでフィクションというかファンタジーになっちゃうんですけどね。(しかしそんなエオウィン〈LotR〉なエリザベス女王も見たかった〈せっかく鎧着て馬に乗ったのに〉)

で、女性としてのエリザベスというのは、表向きは聡明で快活な君主ではあるのですが、内実は非常に女性的で、感情的に描かれていたんですね。
海賊あがりのローリーと側近の女性(ベス)の仲に嫉妬したり、スペイン大使の挑発にヒステリックに応じたりと、どちらかと言えば「政治家」エリザベスが見たかった私としては、ガッカリするほど普通の中年女性でした。そりゃ彼女が結婚しない理由も彼女的にはあるのでしょうけど、その辺りもばく然としているし、どちらかと言えば絶体君主の栄光より、孤独にスポットを当ててしまった為に、華やかさすら霞んでしまう程の暗さがつきまとってしまったんですよ。

忘れていましたが、この映画のもう一つ重要な視点は「宗教」対立でした。

現代においても国際社会では「宗教」が対立の原因になることは珍しくはないわけで、それでも日本人は、世界を考える時、宗教的視点が欠如しているということは、多くの研究者の指摘する所でもあるのですが、同じキリスト教の中でも解釈の相違から、文字通り「血で血を洗う」時代があった。そしてそれが正にイギリスではエリザベス治世下だったということになります。

というか、イギリス国内の宗教争いにトドメを刺したのもエリザベス女王だったはずですが、それが非常に判りにくいんですよね。
全体的に、イギリスを「七つの海の支配者」にした立役者であるエリザベス女王を描いた割には、光るもののない作品でした。

ぽちっとよろしくお願い致します☆
関連記事
スポンサーサイト

 *映画/海外*

 映画鑑賞 映画感想 DVD エリザベス 宗教戦争

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。