スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

ドラゴン・キングダム

20080830.jpg


■監督:ロブ・ミンコフ
■キャスト:ジャッキー・チェン ジェット・リー 他
■DVD鑑賞


ジェット・リージャッキー・チェンの競演で知られる映画。
私はジャッキー・チェンの映画ってあんまり観た事ないのですが、彼が香港からハリウッドに進出したのは知っています。また、ジェット・リーリー・リンチェイ)もハリウッド進出しているので、この映画自体、「カンフー映画」における世界進出を果たした大物2人が競演したことを売りにしているんですよね。

私はジェット・リーが大好きなのでこの作品は楽しみにしていました。おそらく多くのファンが待望していた直接対決シーンは流石というか、今までの彼ら主演の作品の技での対決であり、「ワンス・アポン・チャイナ」のウォン・フェイフォンを彷彿とさせる綺麗な構えのジェット・リーに対して酔拳ベースのジャッキーとどこか対照的でもあって見事だったと思います。あまりカンフー映画は詳しくはないのですが、正統派な昔風のカンフー映画の良さが、そのシーンに凝縮されていました。

ぅ~ん、でも、正直なところ、ジャッキーの技や動きはジェット・リーに比べると落ちるなぁと。年齢のせいもあるとは思うのですが、ジェット・リーはカンフーに詳しくない私が見ても、「綺麗」と思える。
この映画の設定上、2人に師事することになった主人公が「ブルース・リー」の真似をして、それを見た2人が呆れて顔を見合わせるというサービスシーンなんかもあって、それはそれで、この映画の利点(競演)をうまく使っていたとも考えています。

ただ、そこはかとなく、この映画の見所は2人の直接対決シーンだけだった気もしないでもありません。

ストーリー自体が西遊記をモチーフとした世界と、現代アメリカ社会を舞台として、主人公もさえないカンフーオタクの白人青年。その青年が失われた如意棒を孫悟空に届けるといった内容なのですが、どちらかといえば本格アクションを期待していたため、その時点で期待外れだった気もします。面白くまとまっているのですが子供向けみたいな、どこか釈然としないものを感じました。

旅の僧のジェット・リーが孫悟空と2役でやっていて、そのやんちゃそうな演技は可愛いとは思ったけど。(というより彼は歳をとらない気が・・・)

全体的には「LotR」をパクって中国舞台にした印象も受けましたしね。
もしかしたら、中華ファンタジーのジャンルを開拓しようとした冒険的作品だったのかも知れませんが、かなり軽さが否めない仕上がりになっています。

CG技術においても、技においても、結果的に迫力にしても、香港アクション映画の「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」の方が上だったりもしたので、その意味での「新しさ」も期待はできませんが、安心して観れるアクション映画なのかもしれません。

でも残念ながらB級ですw




ぽちっとよろしくお願い致しますm(_ _m)
関連記事
スポンサーサイト

 *映画/海外*

 映画鑑賞 映画感想 DVD ドラゴンキングダム ジェット・リー リー・リンチェイ ジャッキー・チェン 共演

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。